25年間ほげほげやってきたエンジニアが、新人に読んでもらっても今さらダメっしょっていうかもう絶版っしょっていうN冊+αを紹介する

昨今は新人にいろんな本を読んでもらってフルスタック的なエンジニアを目指すか何かしてもらいたい系の記事が多いようだ。結構こういうブログ記事や転職サイトの記事も見受けられて、新人なのになんで30冊も読ませるんだよ受託案件の本だのリファクタリングの本だの必携だの必読だの言うんだよっていう噴飯モノも多数見受けられる。そもそもプロ新人なら本読むの当然としてもまず目先のコード読めって話で、コードが読めない奴にコードなんか書けないので「いいコードを読め」が正解なんだけど、まあ本好きな私としても良書の推奨はぜひしたいとは思っている。すいませんタイトルネタはこちらから頂戴。 “25年間ほげほげやってきたエンジニアが、新人に読んでもらっても今さらダメっしょっていうかもう絶版っしょっていうN冊+αを紹介する” の続きを読む

Mac OS XにMacPorts経由でMySQL5.7をインストールしセットアップした際のメモ、HomeBrew他のOSでもMySQL5.7の設定手順などは同じなのでパス名など十分気をつければ一応参考になるかもしれないだろう

Mac OS XにMacPorts経由でMySQL5.7をインストールしセットアップした際のメモ。
インストール手順はMacPortsだが、1.と2.をyumやapt-getなどでインストールする手段に読みかえればCentOSやUbuntuでも通用すると思う。あとはパス名だけOS・パッケージごとに異なる場合があるので注意していただきたい。 “Mac OS XにMacPorts経由でMySQL5.7をインストールしセットアップした際のメモ、HomeBrew他のOSでもMySQL5.7の設定手順などは同じなのでパス名など十分気をつければ一応参考になるかもしれないだろう” の続きを読む

Mac OS X上でRedisとphpredisを使ってみたかったのでセットアップ、私はMacPortsで生きてるのでphp56を使う場合は/opt/local配下を使いたいのでconfigureの指定はそっちに向ける必要ががが

Macで生きるカラダになってからというもの、なんでもターミナル上でコトが済んでしまうのがなんとも快適である。FreeBSDで生活していた頃とあまり大差がないのがありがたい。ウィンドウシステムもGnomeより洗練されているし商用アプリケーション(というかPsとLr)が動くのでFreeBSDが好きでもやっぱりMacOS Xから離れられないのである。アプリ開発環境もこれ1台で済むし。で、今回はphpでredis使いたかったのでCで書かれたredisライブラリを使ってみることにした。あ、redisはインストール済みであるという前提で。 “Mac OS X上でRedisとphpredisを使ってみたかったのでセットアップ、私はMacPortsで生きてるのでphp56を使う場合は/opt/local配下を使いたいのでconfigureの指定はそっちに向ける必要ががが” の続きを読む

またmysqldが落ちていて、service mysqld restartをしても[FAILED]で起動しないとあわてて調べてswapを作ることでとりあえず解決、EC2のt1.microは本当にカツカツだなと感じる今日この頃

WordPressが起動しない!という同僚の声に、はたと会社サーバにログイン。Amazon EC2でホストしているのだが、t1.microではよくMySQLが落ちる。ということで、crontabで定期的にプロセスを見て起動させるようにしていたのだけれど、どうやらこれが上がっていないらしい。 “またmysqldが落ちていて、service mysqld restartをしても[FAILED]で起動しないとあわてて調べてswapを作ることでとりあえず解決、EC2のt1.microは本当にカツカツだなと感じる今日この頃” の続きを読む

もしかして仕事の案件として舞い込んでくるのではないかということで一括情報収集的にNoSQLのことが記された本を探していて、いろいろ悩んだ挙句にこの本のみしか注目できるものがなかった、あとはだいたいHadoopとかHBaseとかMongoDBなど特定のアプリケーションの話題だったからそれはまた今度買う

今は別案件で新宿御苑方面に出向中なのだが、新たなわが社の案件として、NoSQLがらみの話が舞い込んでくる可能性を社長から示唆され、これは……ということで、さっそく本屋に探しに行く。まあその前にAmazonで適当に検索して、目星をつけた書籍を本屋で見るということをするわけだが。いろいろ悩んだ挙句に、この本のみが自分の注目度No.1だった。というのも、広く浅く、網羅的に記述されているのが、この本だけっぽかったからだ。本当は広く深く欲しいところだが、だいたいそんな本はない。深い本というのは、HadoopとかHBaseとかCassandoraとかMongoDBとかRedisなど特定のアプリケーションに特化したものばかりだ。まあ、そのあたりは今度買うとして、今回はこの本を買ってみた。 “もしかして仕事の案件として舞い込んでくるのではないかということで一括情報収集的にNoSQLのことが記された本を探していて、いろいろ悩んだ挙句にこの本のみしか注目できるものがなかった、あとはだいたいHadoopとかHBaseとかMongoDBなど特定のアプリケーションの話題だったからそれはまた今度買う” の続きを読む