西荻窪という朝夕の平日通勤以外では中央線快速が止まらない駅から程近いバー&ギャラリー「reset button」という美味しくウイスキーやジンやワインを楽しめる店で写真2人展をやらせていただく事になった

新宿からおよそ15分程度、西荻窪という朝夕の平日通勤以外では中央線快速が止まらない駅がある。この駅から程近いバー&ギャラリー「reset button」という、とても美味しくウイスキーやジンやワインを楽しめる店で、写真による2人展をやらせていただく事になった。 “西荻窪という朝夕の平日通勤以外では中央線快速が止まらない駅から程近いバー&ギャラリー「reset button」という美味しくウイスキーやジンやワインを楽しめる店で写真2人展をやらせていただく事になった” の続きを読む

およそ20年ぶりぐらいに中学時代の同級生2人と再会、Facebook上で数年前に見付けて以来飲み会をしようしようと言いながら今日まで伸びてしまったがみんないいオッサンになったわ(笑)

仕事がなんとか収束できたので、金曜夜はあわてて会社を飛び出して新宿まで向かう。東口のライオン会館で中学時代の親友2人と待ち合わせ。お互いオッサンになってるだろうなぁと思ったら、案外顔は判別できる状態だった。そしておっさん3人が集まって酒を飲み始めて語り始めたのは、やはり中学卒業後からの足取りであった。


おっさん3人があつまって……といっても、中身は変わるものではなく、中学時代の喋り口調そのものだし、顔も別におっさんになったからといってガラリと変わったわけでもない。

こう書けば「当然やろ」と思いがちなのだが、案外そう他人から聞かされてはみるものの、実際に自分で20年来の友人に会うという経験をしたのは今回初で、本当は会うことに戸惑いや居心地の悪さが伴うこともあるのではないかと思ったりもしたのだけれど、意外なほどそれはなかった。
むしろ当時の「あれは○○だったのか」的な、いまさら知っても笑い話以上のことにはならない当時の裏話などや、今どういう生活をしているのかという互いの苦労話などもあって、いいオッサンが興奮気味になっているという感じだったかもしれない(笑)。

20年を2~3時間で語りつくせるものでもなく、まあ一度会えばもはや完全に20年来の友人という位置づけにもなるので、次回からは安心して飲み会企画がたてられそうだ。
今回の飲み会企画は本当は今年の3月ぐらいに予定していたのだが結局流れに流れて今までずれ込んでしまった。
まあみな忙しいからというのもあるんだけれど、しかし、たぶん全員が若干躊躇していたのはあったかもしれない。

今さら会えるのか。
中学時代と今の自分は生活も様相もすべてがかけ離れているし、当時のことを語り合ったところでそれが何の埋め合わせになるのかと思うこともあった。
いや、案外人付き合いについてはクールな私で、昔の断絶された関係性よりも今の関係性のほうが大切だという意識は人一倍強いかもしれない。

が、やっぱり会ってみて分かったのは、あの頃の人付き合いは、当然のことながら無条件のものであって、今のような利害関係で一部しばられた人間関係とは一切異なる、なんでも話ができる相手だったのだな、という実感であった。
こればかりは、たぶん他人から説得されても分かるものじゃないし、また、人によって異なる印象や見解を持つ場合もあるだろう。

私の場合は、非常に昔と変わらぬ居心地の良さであった。
単に、オッサンになり、ジュースから酒に変わり、ガムからタバコに変わった(人もいる)という程度だ(笑)。

生活環境の違いは時間経過の恐ろしさというものも実体験できたわけで、ずっと地元で暮らしている人だと身近に幼馴染や同級生が住んでいるのであまり時の隔たりというものを感じない人もいるかもしれない。
私のように流浪した者からすると、流浪してきた分の時間の埋め合わせを、再開の日に一気に凝縮したような感覚でもあった。

また、飲み会をしようと約束して新宿をあとにした。

同窓会 DVD-BOX図解  同窓会へ行こう! (目からウロコのさんぶん図解)仕事に使える! 同窓会人脈術同窓生 人は、三度、恋をする(3) (ビッグコミックス)かわいい サテン 薔薇 コサージュ パーティバッグ (ハンカチ付) 結婚式 バッグ (ゴールド)飲みの席には這ってでも行け! 人づき合いが苦手な人のための「コミュ力」の身につけ方グレイス 甲州 2012 750ml

来月上旬にふたたび山梨へ、ワインのおいしい時期にワイン試飲し放題のイベントと撮影と友人たちとの語らいながらの一泊飲み会を予定している

先月は友人の誘いを受けて彼の地元山梨にお招きいただいた。そして山梨の自然を写真という形でたいへん満喫。また山梨を楽しもうということで10/4を目標日として再度集まることにした。10/4は甲州市かつぬまぶどうまつりというのがあって、1,000円でワインの試飲がし放題というイベントも。ぶどう無料サービスなんてのもあるのか。まあ、これを楽しんで山梨満喫しちゃおうぜっていう集まりを計画中なのである。 “来月上旬にふたたび山梨へ、ワインのおいしい時期にワイン試飲し放題のイベントと撮影と友人たちとの語らいながらの一泊飲み会を予定している” の続きを読む

谷中ぎんざで弁当とビールを堪能したので少し運動もかねて浅草まで徒歩で、そして浅草でまたみなと酒を飲む

日暮里で撮影がなくなって、せっかくだから谷中ぎんざを一人でぶらりして、激安弁当買ってシルクエビス買って、そんでもっておいしくいただいて。こんだけ食って飲んだんだから電車やバスで浅草まで……なんてわけにはいかず、そのまま歩いて行ってやるということでGoogle Maps頼みで浅草へ。また上野に戻る方向で、ただひたすら言問い通りを歩いて行くことになるのであった。さんざん歩いた後なので、さらに1時間の徒歩はけっこうキツイが、カロリー消費の為にはいたしかたない。 “谷中ぎんざで弁当とビールを堪能したので少し運動もかねて浅草まで徒歩で、そして浅草でまたみなと酒を飲む” の続きを読む

モデルさんが来なかったのはもう諦めるとして、せっかく日暮里に来たので今後のためのロケハンも含めて谷中ぎんざを堪能しようと散策

予定していたモデルさんにフラれてしまったのか何らかのトラブルがあったのか、いずれにしても当日2時間待っても来なかったのを残念がったり怒ったりしても何にもならない。せっかく時間をかけて来たのだから今後ロケ地としても使えるかどうか簡単なロケハンを試みた。 “モデルさんが来なかったのはもう諦めるとして、せっかく日暮里に来たので今後のためのロケハンも含めて谷中ぎんざを堪能しようと散策” の続きを読む

山梨を故郷にもつ友人に、彼のオススメ山梨ベストスポットを案内していただいた ~ワイナリー編~

山梨を故郷に持つ、中井精也に師事する友人に、実家の村にお招きいただいた。ご実家周辺を撮影したあと、やっぱり小作でしょ!ってことで小作まで出て行ったのだが、昼時ということもあって駐車場待ち大行列!こりゃダメだってんで、別の店に行ったがこちらも満席。でもすぐ空いたので入って、定番かぼちゃほうとう頂いた。そしてはらごしらえも終わってから、ワイナリーに向かったのである。 “山梨を故郷にもつ友人に、彼のオススメ山梨ベストスポットを案内していただいた ~ワイナリー編~” の続きを読む

以前ボランティアで協力させて頂いたメンバーと時間を経てはいたものの打ち上げという飲み会にお誘い頂き参加、いままで見ていた顔とは違う表情が見えたという面白さがさらにボランティアへの協力モチベーションに点火剤を加えた感じかも

私はもともとボランティアというのはしないタイプで、自分ができる最大のボランティアは献血だと思っている。そんな自分が、ピエロ中村に誘われて(というか「撮影していいよ」と言われたので行っただけではあるが)、ボランティア活動に何気なく触れたきっかけの延長線上の今回の飲み会。ボランティアをする人たちはストイックであるという勝手なイメージはいい意味で破壊され、人間味あふれる飲み会に終始した。 “以前ボランティアで協力させて頂いたメンバーと時間を経てはいたものの打ち上げという飲み会にお誘い頂き参加、いままで見ていた顔とは違う表情が見えたという面白さがさらにボランティアへの協力モチベーションに点火剤を加えた感じかも” の続きを読む

今年も澤乃井の蔵元である小澤酒造さんから梅酒用日本酒の澤乃井の限定発売が開始されたので早速ネット注文をすることに

澤乃井は大好きである。もともと私は東京都出身ではないが、今住んでいるのが、いわゆる三多摩の地区であり、ここは靖国神社の御神酒にもなっている澤乃井多満自慢嘉泉といった名酒が軒並み揃っている。中でも澤乃井は私の好物である。そしてそんな小澤酒造さんから毎年この時期に出ているのが、梅酒用の澤乃井である。 “今年も澤乃井の蔵元である小澤酒造さんから梅酒用日本酒の澤乃井の限定発売が開始されたので早速ネット注文をすることに” の続きを読む

連休初日は写真仲間とギネスを飲む会を町田で開催、とはいえ夜まで時間があるので少し足を延ばして芹ヶ谷公園を散策してみた

町田なんていったい何年振りだろうか。友人たちと以前飲み会をするために何度か来たぐらいなのだ。街並みなんてのも駅前の一角ぐらいしか覚えていない。そんな町田だが、今回は飲みだけでなく少し歩いたところにある芹ヶ谷公園での撮影を試みた。 “連休初日は写真仲間とギネスを飲む会を町田で開催、とはいえ夜まで時間があるので少し足を延ばして芹ヶ谷公園を散策してみた” の続きを読む

白馬の定宿「リゾートイン・アコースティック」に2泊スキーに行くも、最初の2日がものすごい雪と風でスキー困難、最終日は晴れるも関東も豪雪で高速道路がのきなみ通行止なので早々に引き上げる

この数年、年齢的な問題もあって日帰りスキーは体力的に持たず(笑)、もうスキーに行くなら泊まりで酒付きで、行くなら定宿「Acoustic」のある白馬でいいじゃん!ということで、もっぱら栂池あたりで滑っている。今回のスキーもその旅程で行ったのだが、関東は十数年ぶりの豪雪で交通機関が2日に渡って麻痺、長野もものすごい雪に見舞われてスキーは楽しめるも風が強くて寒くて早く切り上げて温泉と酒に明け暮れる時間が増えた。それはそれで嬉しかったが(笑)。 “白馬の定宿「リゾートイン・アコースティック」に2泊スキーに行くも、最初の2日がものすごい雪と風でスキー困難、最終日は晴れるも関東も豪雪で高速道路がのきなみ通行止なので早々に引き上げる” の続きを読む