およそ20年ぶりぐらいに中学時代の同級生2人と再会、Facebook上で数年前に見付けて以来飲み会をしようしようと言いながら今日まで伸びてしまったがみんないいオッサンになったわ(笑)

仕事がなんとか収束できたので、金曜夜はあわてて会社を飛び出して新宿まで向かう。東口のライオン会館で中学時代の親友2人と待ち合わせ。お互いオッサンになってるだろうなぁと思ったら、案外顔は判別できる状態だった。そしておっさん3人が集まって酒を飲み始めて語り始めたのは、やはり中学卒業後からの足取りであった。


おっさん3人があつまって……といっても、中身は変わるものではなく、中学時代の喋り口調そのものだし、顔も別におっさんになったからといってガラリと変わったわけでもない。

こう書けば「当然やろ」と思いがちなのだが、案外そう他人から聞かされてはみるものの、実際に自分で20年来の友人に会うという経験をしたのは今回初で、本当は会うことに戸惑いや居心地の悪さが伴うこともあるのではないかと思ったりもしたのだけれど、意外なほどそれはなかった。
むしろ当時の「あれは○○だったのか」的な、いまさら知っても笑い話以上のことにはならない当時の裏話などや、今どういう生活をしているのかという互いの苦労話などもあって、いいオッサンが興奮気味になっているという感じだったかもしれない(笑)。

20年を2~3時間で語りつくせるものでもなく、まあ一度会えばもはや完全に20年来の友人という位置づけにもなるので、次回からは安心して飲み会企画がたてられそうだ。
今回の飲み会企画は本当は今年の3月ぐらいに予定していたのだが結局流れに流れて今までずれ込んでしまった。
まあみな忙しいからというのもあるんだけれど、しかし、たぶん全員が若干躊躇していたのはあったかもしれない。

今さら会えるのか。
中学時代と今の自分は生活も様相もすべてがかけ離れているし、当時のことを語り合ったところでそれが何の埋め合わせになるのかと思うこともあった。
いや、案外人付き合いについてはクールな私で、昔の断絶された関係性よりも今の関係性のほうが大切だという意識は人一倍強いかもしれない。

が、やっぱり会ってみて分かったのは、あの頃の人付き合いは、当然のことながら無条件のものであって、今のような利害関係で一部しばられた人間関係とは一切異なる、なんでも話ができる相手だったのだな、という実感であった。
こればかりは、たぶん他人から説得されても分かるものじゃないし、また、人によって異なる印象や見解を持つ場合もあるだろう。

私の場合は、非常に昔と変わらぬ居心地の良さであった。
単に、オッサンになり、ジュースから酒に変わり、ガムからタバコに変わった(人もいる)という程度だ(笑)。

生活環境の違いは時間経過の恐ろしさというものも実体験できたわけで、ずっと地元で暮らしている人だと身近に幼馴染や同級生が住んでいるのであまり時の隔たりというものを感じない人もいるかもしれない。
私のように流浪した者からすると、流浪してきた分の時間の埋め合わせを、再開の日に一気に凝縮したような感覚でもあった。

また、飲み会をしようと約束して新宿をあとにした。

同窓会 DVD-BOX図解  同窓会へ行こう! (目からウロコのさんぶん図解)仕事に使える! 同窓会人脈術同窓生 人は、三度、恋をする(3) (ビッグコミックス)かわいい サテン 薔薇 コサージュ パーティバッグ (ハンカチ付) 結婚式 バッグ (ゴールド)飲みの席には這ってでも行け! 人づき合いが苦手な人のための「コミュ力」の身につけ方グレイス 甲州 2012 750ml

Facebookで一度投稿した文章を修正できるかどうかは、画像と一緒に投稿しているかどうかによって出来たり出来なかったり、どういう仕様!?

投稿してから誤字脱字や文章修正を気づく、ということはある。自分のブログなどであれば修正可能だが、Facebookでは無理である……というのが一般的な認識である。私もずっとそう思っていた。以前、修正方法をいろいろ調べてみたが、画像と一緒なら変更できるという記述もみかけるものの、私の投稿では思うように修正画面までたどり着かなかった。しかし今回、友人からいろいろ質問されまくったので一度整理しながら自分で操作して調べてみたら、どうやら画像のアップ枚数によって修正可否が決まるという奇妙な仕様になっているっぽい……。 “Facebookで一度投稿した文章を修正できるかどうかは、画像と一緒に投稿しているかどうかによって出来たり出来なかったり、どういう仕様!?” の続きを読む

Facebookでアカウント乗っ取りされた場合の推奨回避策、信頼できる友達を頼りアカウント利用再開ができるように設定する

昨今、Facebookで謎のアカウント申請がやってくる事例が多発している。どうも「友達の助けを借りる」機能を使ったアカウント乗っ取りだということらしい。便利な機能なようでやっかいな機能だが、この機能を使ったアカウント乗っ取りの防止の推奨としてFacebookが勧めているのが、これまた同じ「友達の助けを借りる」機能だというからちょっと笑ってしまうが、乗っ取られたアカウントを奪い返す方法の一つということになるのかもしれない(場合によっては無理だと思うが)。まあ、一応やり方を書いておく。 “Facebookでアカウント乗っ取りされた場合の推奨回避策、信頼できる友達を頼りアカウント利用再開ができるように設定する” の続きを読む

Facebookにもテレビ電話機能がある! 特定の人からのテレビ電話着信を拒否する設定もできるようだ

Facebookにチャット機能があるのは知っていたし実際に使っているのだけれど、まさかビデオチャット(ビデオ電話)機能まであるとは気が付かなかった。いきなりブラウザから音が鳴り始めて、タブを結構たくさん開いていたのでひとつひとつ確認したらFacebookのビデオ電話着信音だった。 “Facebookにもテレビ電話機能がある! 特定の人からのテレビ電話着信を拒否する設定もできるようだ” の続きを読む

Facebookでアップロードした画像を、アップロード後に回転させたい

Facebookで画像をアップロードした後に、なぜかJPEGのExif情報の問題か何かで画像がさかさまになってしまったり、あるいはアップロード後に画像を回転させたくなるといった場合がある。しかし画像の回転の場所がいまひとつわかりにくい。画像をクリックして右側にある「編集」をクリックしても、それらしい編集ができない。編集ができるのは投稿日付とコメントのみ……やっぱりアップロード後に画像操作はできないのだろうか?と思っていたら、Facebookらしい隠れた位置にちゃんと用意されていた。 “Facebookでアップロードした画像を、アップロード後に回転させたい” の続きを読む

Facebookで自分のタイムラインがどのように見えているのかを確認したい

Facebookでは自分がログインして見たり投稿したりしている画面と、自分の友達(フレンド)が自分のタイムラインを見ている画面とは異なる。自分がログインして見ているのは、友達の投稿などが表示されているニュースフィードであったり、自分が参加する、もしくは参加予定のイベントカレンダーだったり、友達一覧だったりする。しかし友達から自分が見られている場合、いったいどんな画面が表示されているのだろうか。気になる人も多いのではないか。Facebookでは簡単にこの画面を確認することができる。特定の友達を指定することで、その人から自分のタイムラインがどう見えているのかなども確認できる。 “Facebookで自分のタイムラインがどのように見えているのかを確認したい” の続きを読む

Facebookのイベントカレンダーで過去のイベントを確認するための方法が結構メンドクサイ!

先月参加したイベントの写真を、イベント主催者が作成したFacebook上のイベントカレンダーに投稿したのだけれど、その写真を確認すべくイベントカレンダーを見たら……ん、カレンダーは現在の月しか出てないし、イベントカレンダーのタイムラインにも過去のイベントをさかのぼるリンクなどのようなものは見当たらない。なんで!? どうやってみればいいの!? としばし悩んでいたが、ようやく判明。なんでこんなメンドクサイ手順で隠しこんでるのFacebook……? “Facebookのイベントカレンダーで過去のイベントを確認するための方法が結構メンドクサイ!” の続きを読む

Facebookにログインしようとしたら「一時的にアカウントをご利用いただけなくなっています。」と表示される

Facebookにログインしたところ、いつものタイムラインが表示されずに「一時的にアカウントをご利用いただけなくなっています。」と表示されてあわてふためいてしまうことがあるかもしれない。思わず不安になり、ログアウトしてからもう一度ログインをし直すも、同じ画面が表示される。パスワードはあってるし、メッセージを見る限りセキュリティ的な問題が発生しているわけでもない。これは一体……。 “Facebookにログインしようとしたら「一時的にアカウントをご利用いただけなくなっています。」と表示される” の続きを読む

Facebookで、すでに友達であるはずの同姓同名もしくは一字違いの似ている名前の人から謎の友達承認がやってきた

Facebookを使っていたら、友達承認が入っていたので確認をしてみた。すると、知っている名前、な感じ。でもアイコンは違う。あれ、でも名前も少し違うような……もしかして、あの人の別アカウントか、一旦アカウント削除して再申請してくれたのか、もしかしたらうっかり友達を手違いで外してしまったので再申請したのか……などと思って気軽に承認ボタンを押してしまう。でも実はまったく関係のない違う人であった……というFacebookスパムがこの数日で一斉に発生している模様。 “Facebookで、すでに友達であるはずの同姓同名もしくは一字違いの似ている名前の人から謎の友達承認がやってきた” の続きを読む