最近開発案件で触ったgitが徐々になじみ始めた、というかSubversionだってあまり深く使ってないのだがgitのほうがどういうメリットがあるかなんてよくわからない

たぶん私が分かるgitのSubversionに対するメリットは、ブランチを切った後にmasterやheadにmergeする際の手間がgitのほうがはるかにコストが低いという点ではないだろうか。割とブランチに関するトラブルはsubversionでは耳にすることがあるが(壊れたとかいうのは多分論外で、適切にやれば壊れないとは思うのだが)、gitのほうが優位に働いているというのは、なんとなく分かる気がする。といっても私はsubversionでブランチを切ったこともなければHEADにmergeなどということもしたことがないのだけれどね……。


ぶっちゃけバージョン管理システムを使うのは久しぶりである。
本格的な開発案件は今の御苑の出向で初めてかもしれない。
いや、subversionなら使ったことはある。一応開発案件だが、自分がメインで開発していたわけではないので、subversionを使うと言ってもお粗末ながら、というかんじだった。

でもまあ、gitを使い始めるときにsubversionの感覚ではなんとなく使えないんだろうな、というのは分かっていたし、実際に使ってからは若干違うなというのがあった。

これは想像だが、subversionではブランチを切る作業は、かなり勇気が要る話なのかもしれない。
いや、切ったことはある。が、切った後はそのままという感じだ。
まあたとえばFreeBSDだったらSTABLEブランチはそのままSTABLEブランチで生きていくからいいんだよ、みたいな感じだ。

Linusがどういう意図を持って設計したのかは調べていないし今後も特段調べることはないと思うが、gitでのブランチは比較的軽いノリで切れるし、ソースをmergeしたい場合も気軽にできる。

どっちが優位というわけでもないと思うが、それぞれの設計思想が異なるので、意図にあったものを使えばよいのだとおもう。トレンドは……というと、やっぱりgitなんだろうか。githubの登場が大きいかもしれない。

Gitポケットリファレンス開発効率をUPする Git逆引き入門GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)Web制作者のためのGit入門実用Git実用 Subversion 第2版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。