Appleセキュリティアップデート公開

AppleからMac OS Xのセキュリティアップデートが公開されている。

■Mac OS Xのアップデート公開、40件の脆弱性に対処
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/14/news030.html

US-CERT Current Activityの誤訳も。

■Apple Releases Security Update 2008-007
http://www.us-cert.gov/current/index.html#apple_releases_security_update_20082

Apple Releases Security Update 2008-007
added October 10, 2008 at 09:44 am

Apple has released Security Update 2008-007 to address multiple vulnerabilities in a number of applications. These vulnerabilities may allow an attacker to execute arbitrary code, conduct cross-site request forgery or cross-site scripting attacks, cause a denial-of-service condition, or operate with escalated privileges.

US-CERT encourages users and administrators to review Apple Article HT3216 and apply any necessary updates to help mitigate the risks.

誤訳:
Apple、セキュリティアップデート2008-007をリリース
掲載 2008年10月10日 AM09:44

Appleは、いくつかのアプリケーションの複数の脆弱性を修正したSecurity Update 2008-007をリリースした。
これらの脆弱性は、攻撃者に任意コードの実行、クロスサイトリクエストフォージェリーやクロスサイトスクリプティングの誘導、サービス拒否、特権上昇を伴う操作を許可する可能性がある。

US-CERTは利用者と管理者に、リスク回避のための一助としてApple記事HT3216の確認と、必要な更新の適用を推奨する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。