当ブログのモデル募集ページをご覧いただいてご応募頂く女性が比較的コンスタントに現れるようになって大変ありがたいことです、そしてぜひよい関係性を築き長くモデルをお願いできるようになればと考えている

[Sponsored Link]


当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

当ブログは、実にしょぼい小さなブログである。最初はコンピュータやネットワークに関する記事をときどきアップする程度にとどめていたものの、途中から写真に関する記事も追加し、そしてモデル募集に踏み切るに至る大きな転換期を自身の内面に迎えるに至り、モデル募集を開始したのである。そして去年の濱未亜さんに始まり、ご応募していただく女性が平均して3~4ヶ月に1人というペースになってきたのである。本当に有りがたいことである。


今回も、急きょではあるが隙間時間でモデル撮影を申し出て頂いた女性を新宿で撮影させて頂く機会を得ることができた。
彼女もおそらくは、見知らぬ男性のモデル撮影であるにもかかわらず、勇気を出して応募して頂いたのであろう。
最初は平日夜という話であったのだが、私の対応が難しいということで土曜の午前中に隙間時間があるので、ということでお話を頂いた。
まあ最終的にはそこも都合がつかなくなったので、仕切り直しで再来週の土曜にとさらに変更したのであるが、モデルをして頂ける女性というのは限られるわけで、モデルさんの都合にできる限り追従するというのは撮る側のスタンスとしても重要ではある(ただ出かける寸前という直前でのキャンセルだったので困ったは困ったが)。

平日夜の撮影というのは魅力的ではあるし興味も強いのではあるが、サラリーマンをしていると後ろの時間というのはなかなか決まらない場合が多い。

特にIT系の仕事の場合、残業が不定期に発生することがある。まあIT系に限らず日本の企業の場合には残業は普通に存在するわけだが、そういう中で夜のお約束というのは、どうしても難しい。
まあ飲み会程度であれば遅刻しても駆けつけ三倍で許してもらえるわけであるが、モデルさんを長くお待たせするわけには、当然いかないのである。

いや、本当は夜の撮影をしてみたいのである。

私が試みたい夜のモデル撮影はいくつかある。

(1) 普通の夜の街並みを背景にしたポートレート撮影
(2) 夜の雰囲気を匂わせる撮影(シチュエーションでも衣装でも撮影場所でも何でも)
(3) 実際の夜のお仕事をされている女性の撮影(風俗であるか否かに関わらない)

(1)は基本的に練習も含むことになるが、やはりこれは基礎であるゆえ、外せない。
経験のないシーンでの撮影はどうしても数をこなして鍛えていくほかないだろう。

(2)は普通のモデルさんや友達モデルで、まあいわば夜のエロティックさを引き出した撮影をしてみたいということになる。別に夜でなくてもいいのだが、夜を匂わせるほうがたぶんエロなのだ。エロは夜を匂わせてナンボだと思っている。昼間の撮影であっても夜を匂わせるのだ。これがエロだ。
まあ芸術におけるエロティシズムと端的なエロの区分というのは何世紀も悩みぬかれ結論の出ていない定義区分だと思われるので、ここであえて議論するつもりはないのだが、最低でも、男が女に感じるエロを出せてナンボだろうという気持ちはある。
ま、撮影中はそんな感情はカケラも出てこないとは思うけれど……撮るので必死だと思うので。

(3)は私の永久のテーマである。
働く人、こと働く女性の素のシーンを撮影するというものである。

もともとストリートフォトを撮り始めたくなったきっかけは、人間の素を丸だしにした部分を根こそぎ写真でかっさりたいという欲求が働いたことにある。
ストリートフォトからモデル撮影に至った経緯はここに書いてあるので触れないが、その中でも「働く女性」というのは、やはり今の日本におけるキラピカな存在なのだ。情けないことに。

男女平等だの雇用機会均等だの言われて何十年経つのかわからないが、いまだに女性の、とくに上位の役職への登用というのは他国に比べて劣っているというのが実情。
そうした中でも輝かしく働いている日本の女性というのを、私は応援したいし、それを写真にスナップすることで変化を生みたいという気持ちもあるのだ。

まあ変化が生まれるのかどうかは私の影響力次第なので、たぶん微塵も影響がないのだが、尊敬の念のもと撮影をしたいわけである。
で、まあ役職云々はさておき、働く女性全般で見れば、別に私としては職種なんて関係ないのである。それが名誉職であろうが一般職であろうが専門職であろうが官僚だろうが自衛隊だろうが政治家だろうが風俗だろうが、とにかく、働く女性は、背景にどういう事情を抱えようとも美しい。あらゆる人があらゆる背景を抱えながら社会に出て働いている。そんな素朴な姿を、ただひたすら撮りたいというのが、私の本当の目的なのである。

ということで、職場側の撮影許可などをもらった上で仕事場で実務をこなしているところをモデルになっていただける女性を募集している。
もちろん、普通のポートレート撮影モデルも随時募集中なので、ぜひご応募いただきたい。

ポートレート撮影テクニック100 (玄光社MOOK テクニック100シリーズ)ポートレートの教科書よくわかる!ポートレートレッスン (玄光社MOOK)こだわりポートレート アイデアの引き出し (玄光社MOOK フォトテクニックデジタル)ポートレートの悩みを解消する本 (玄光社MOOK フォトテクニックデジタル別册)デジタル一眼レフ 実践! 人物を撮るテクニック入門 [DVD]

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。


Atsushi Ezura について

ナチュラルな女性のしぐさや表情を撮りたいIT系エンジニア。女性モデル募集中プロフィール
カテゴリー: アート, モデル, 人物・ポートレート, 写真 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。