Mac OS X上でRedisとphpredisを使ってみたかったのでセットアップ、私はMacPortsで生きてるのでphp56を使う場合は/opt/local配下を使いたいのでconfigureの指定はそっちに向ける必要ががが

Macで生きるカラダになってからというもの、なんでもターミナル上でコトが済んでしまうのがなんとも快適である。FreeBSDで生活していた頃とあまり大差がないのがありがたい。ウィンドウシステムもGnomeより洗練されているし商用アプリケーション(というかPsとLr)が動くのでFreeBSDが好きでもやっぱりMacOS Xから離れられないのである。アプリ開発環境もこれ1台で済むし。で、今回はphpでredis使いたかったのでCで書かれたredisライブラリを使ってみることにした。あ、redisはインストール済みであるという前提で。

Homebrewだとどうやらphp56-redisとかあるんだけど、なんだか私のMacの問題なのか私自体の問題なのかbrewがうまく使えない。rootlessの問題なのか…ってそれはMacPortsでも同じだったから切ってあるんだけど(本当はよろしくない)、それでもbrewはうまくいかない。ま、MacPortsで困らないからいいんだけどね。

ということで、/opt/local/src配下にGithubからZIPファイルをダウンロードする。ブラウザでダウンロードしてから展開したものをmv phpredis-develop /opt/local/srcしてもいいし、git checkoutでとってくるなり(でいいの?よくgitコマンドしらんので)、なんとかソースをもってくる。

https://github.com/phpredis/phpredis

[shell]
# sudo su – root
# cd /usr/local/src
# unzip phpredis-develop.zip
# cd phpredis-develop
[/shell]

php56をMacPortsで入れると/opt/local配下にphp56というベースネームでインストールされるので、これ用に./configureのオプションを指定する。

[shell]
# ./configure –prefix=/opt/local –exec-prefix=/opt/local –with-php-config=/opt/local/bin/php-config56
[/shell]

終わったらmakeとtestとinstall。

[shell]
# make && make test && make install
[/shell]

php.iniにextensionsを指定。こんな感じ。インストール先はmake installで出力されたインストール先を適宜確認する必要がある。

[shell]
# cat /opt/local/etc/php56/php.ini | grep redis
extension=/opt/local/lib/php56/extensions/no-debug-non-zts-20131226/redis.so
[/shell]

じつに簡単でテキトーなサンプルPHPコードで試す。

[shell]
# vi test.php
[/shell]

こんなコード。

[php]
< ?php
$r = new Redis();
$r->connect(‘localhost’, 6379);
$r->set(‘hoge’, ‘nganga’);
echo $r->get(‘hoge’)."\n";
[/php]

実行。

[shell]
# php56 test.php
nganga
[/shell]

ホントにRedisにデータ入ってんのかよ?っていうことも確認する必要がある。

[shell]
# redis-cli
> get hoge
nganga
[/shell]

という感じ。

Redis入門 インメモリKVSによる高速データ管理RDB技術者のためのNoSQLガイド独習PHP 第3版詳細! PHP 7+MySQL 入門ノートAPPLE MacBook Pro 13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive DL MD101J/Aグレイス 甲州 2012 750ml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。