ほぼ高確率で毎年晴れの11月3日文化の日に行われる航空自衛隊入間基地航空祭でブルーインパルスなどの飛行展示を雲ひとつない快晴の蒼いキャンパスに収めてきた

毎年11月3日は航空自衛隊入間基地の基地航空祭の日である。これは毎年変わらずこの日に実施されている。11月3日というのは東京(入間基地のある狭山市、近隣の入間市は埼玉県ではあるが)の「晴れの特異日」とされているようで(そうでもないという記事もある)、なぜか予報が雨だったにも関わらず晴れるなどの奇跡的な快晴・晴れに恵まれることが多い。今年はまさに快晴の中での航空ショーが開催された。


首都圏で最も近い航空自衛隊の基地であることや、綾野剛と新垣結衣が共演したテレビドラマ「空飛ぶ広報室」などもあったこともあり、比較的自衛隊の基地祭の中では人気が高い入間基地航空祭のようだ。
毎年20万人程度の来場者が訪れているようで、さきのドラマが放映された年はたしか30万人を記録したのではなかっただろうか。今年は21万人が訪れたようだ

航空自衛隊の航空祭の華といえばブルーインパルスではあるが、今年はYS-11FCの見納めにもなりそうだ。飛行点検隊のYS-11FCも後継機が決定して退役は秒読みであり、今回の入間基地でのフライトが公式的な見納めになるのではないだろうか。現存するYS-11シリーズも残りわずかなようで、実際に修理部品の枯渇や製造中止、破棄なども行われているようなので、すべてのYS-11シリーズが退役するのも時間の問題と言えよう。

C-1も後継機が決定し順次退役していくので、いずれ見納めになる日も近いのだろうか。
写真は、恒例の第一空挺団によるパラシュート降下。

ブルーインパルスの飛行展示は基地祭によってはやらないところもあったりするが、逆に基地祭に限らずイベントで出張飛来することもあり、最近では案外めずらしい存在ではなくなってきているかもしれない。言い方を変えると、より身近な存在になったと言えるのではないだろうか。

そしてブルーインパルスの演目が終わると基地祭も終了間近。地上展示のF-15JとF-2Aの帰投の演目をもって終了だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。