リスニング力の強化はただひたすら聞きまくるしかないのだろうか

私はリスニング力がとても弱くて、おそらく読み書きに比べて聞く喋るはとてつもなく苦手だ。おそらく多くの日本人がそうなんじゃないかと思うが…。
ということでなるべくリスニング強化に努めているが、ドラマや何かを英語で聞いても、私の語学力の問題のような気はするが、さっぱり上達する傾向にない。まあ、聞き流したり集中力が途中で途切れたりということが起きやすいからかもしれない。使っている英語教材(というか普通のドラマのDVDとか)があまりよくないのかもしれない。「アリーマイラブ」とかはたとえば法律用語がばりばり出てきてリスニング以前に単語が……などということも、なくはない。でもこれって言い訳になっちゃうから、あまり言いたくはない。

ちょっと前までは、岩村圭南先生のNHKラジオ英会話をずっとやってきていたのだけれど、最近は毎日毎晩時間をとることができなくなったので通勤でなんとかこなそうと教材を変更した。

選択基準としては、「短いスキットで構成されている」「難しい単語ではなく中級クラスの単語+αである」「繰り返し使える」という点だった。
そこで選択してみたのが松本茂先生の「速読速聴・英単語 Daily 1500」で、これのCDをiPhoneに入れて聞きながら通勤している。

二ヶ月前に買って、いまようやくTrack 19まで聞いている。というか、じっくり聞いてテキスト読んでまた聞いて…と、2~3日で1トラック分をやっている。あまりトラックを先に進めることは考えていなくて、むしろじっくり聞いて文意を聞いて理解できるところまでなんとかたどり着こうとあがいている。スキットによって聞き取れたり聞き取れなかったりとあるので、一喜一憂というところだ。
でも諦めてしまっては成長がないし、腹が立ってくることもあるけれど(自分の出来なさ加減にね)、そこで投げ出しても何のメリットもないので、とにかくひたすら聞いて、テキストで確認して、また聞いて、飽きてきたら次のスキットへ、というのを、この通勤で繰り返している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。