[自分用メモ] apacheの設定なんて最近やっていなかったのでVirtualHostのテンプレすら忘れてしまっていた

昔はネットワーク・サーバ管理が主業務だったのでプログラミングよりapacheやらsendmailやらbindやらの設定ファイルとの格闘の日々が続いていたが、この数年はめっきりそういう仕事もせず、ときおり必要に応じてサーバを立ち上げて設定ファイルを適当に書いて……などとやっていたらすっかりなまってしまった。おそらくまたそうなる日が来るだろうから、自分用メモとして設定のテンプレでも残しておこう……。

設定ファイルはOSごとに違っていたり、同じOSでもバージョンによって変わってしまう場合もあるだろうから一概に言えないが、ベースとなるhttpd.confについては、以下のディレクトリに配置されているはずだ。

CentOS 5,6 ………… /etc/httpd/conf/httpd.conf
FreeBSD ………………… /usr/local/etc/apache22/ (※apache2.2系の場合)

ここではCentOSで使うVirtualHostのテンプレだけ記載しておく。それ以外は必要に応じて調整すればよい(いい加減な……)。UserとGroupについてはシステムで規定されているものになっているだろうから、それに従うのがいいだろう。CentOSの場合はUser apache/Group apache、FreeBSDの場合はUser www/Group wwwとなっていると思う。

[text]
<VirtualHost *:80>
ServerName www.example.jp
DocumentRoot /var/www/html/mydir
ErrorLog /var/log/httpd/www.example.jp-error_log
TransferLog /var/log/httpd/www.example.jp-access_log
<Directory /var/www/html/mydir>
Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>
ErrorDocument 404 /error404.html
</VirtualHost>
[/text]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください