Ciscoセキュリティアドバイザリ

Ciscoからセキュリティアドバイザリが出ています。

Cisco Releases Security Advisories
added May 14, 2008 at 12:45 pm

Cisco has released three security advisories to address vulnerabilities in Cisco Unified Communications Manager, Unified Presence, and the Content Switching Module. These vulnerabilities may allow an attacker to cause a denial-of-service condition on the affected system.

US-CERT encourages users to review the following Cisco Security Advisories and apply any necessary updates or workarounds:

* Cisco Unified Communications Manager Denial of Service Vulnerabilities – cisco-sa-20080514-cucmdos
* Cisco Unified Presence Denial of Service Vulnerabilities – cisco-sa-20080514-cup
* Cisco Content Switching Module Memory Leak Vulnerability – cisco-sa-20080514-csm

誤訳:
Ciscoがセキュリティアドバイザリをリリース
掲載 2008年5月14日 PM12:45

CiscoはCisco Unified Communications Manager、Unified Presence、そしてContent Switching Moduleに存在する複数の脆弱性を修正するための3つのセキュリティアドバイザリをリリースした。これらの脆弱性は攻撃者に、影響されるシステム上においてサービス拒否を許可する可能性がある。

US-CERTでは、以下のCiscoセキュリティアドバイザリの確認と必要な更新と回避策の適用を利用者に奨励する。

[ad#ultrah]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。