モバイル対応の大容量バッテリをようやく購入した

[追記] その後の使用感も記載してみた。

iPhoneや007ZなどのWi-Fiデバイスを所有しているのだが、特にWi-Fiデバイスなどは電力をそれなりに食うので携帯用の充電バッテリは不可欠なのだが、今までは乾電池4本タイプのUSB充電バッテリをエネループで使用しながらさらに4本の予備を持つような重装備だった。

それでもまあ足りるといえば足りるような生活だったのだが、ちょっと遠出したり長くコンセントから離れるような状態(飲み会とか)の場合、すぐにWi-Fiバッテリは枯渇してしまう。枯渇した状態から先の4本エネループの充電器だと電圧不足なのか充電ができない。まだバッテリ容量が残っている半分程度ぐらいからUSBを差して使用しないとならないという「使えない」状態は確かにあった。帰りの電車内などでWi-Fiが切れると超絶不便。これだけは何とかしたい……と思う瞬間はこれまでも何度かあったが、大容量バッテリを買うモチベーションまでには至らなかった。PanasonicやSONYとか、高いしね。

で、たまたま別件でビックカメラに行ったら、店内のソフマップ店舗にTMB-11Kという大容量11,000mAh充電バッテリを発見した。実は隣に別の12,000mAhのバッテリもあったのだが、1,000mAh差で1,000円の価格差があった。

■11000mAhモバイルバッテリー TMB-11K – 株式会社テック
http://www.tecnosite.co.jp/electronics/pc/mobilebattery/tmb-11k/

値段は3,980円(あとから見たら、Amazonのほうが数百円安かった。残念……まあすぐ使えたからいいか)。一流メーカー品と比べれば格段の差がある。出力はUSBコネクタ。2個あるので2デバイス同時充電が可能。1つは5V/2A、もう1つは5V/1Aなので、デバイスによって使い分けをすればいいだろう。充電回数は500回。1週間に1回充電しても10年は持つ。もっともその前にバッテリそのものの経年劣化で使えなくなるだろうけれど、2~3年使えれば御の字かもしれない。

ただし、TMB-11Kそのものの充電用ケーブルは付属していないので注意が必要だ。充電に必要なケーブルもUSBケーブルでよいが、片側がUSB Aタイプコネクタ(PCに接続できるタイプの形状のもの)で、別の片側がmicroUSB Bタイプと呼ばれるミニコネクタタイプのものが必要だ。いわゆる「microUSBケーブル」と呼ばれているものだが、これは別売のものを購入するしかない。
ということをバッテリ購入後に気が付いたのだが、Wi-Fiデバイス007ZにmicroUSBケーブルが付属していたので、これで充電できるかどうかを確認したら、問題なくTMB-11Kへの充電ができた。
ただしPCのUSBコネクタからの充電だとスペック表には22時間かかると記載されている。PCを22時間立ち上げっぱなしということは稀なので、USB-ACアダプタを併せてゲットしておくのがいいだろう。

さらに気になる点があった。
それは007Zの電力が枯渇した状態から充電が可能かどうかだ。これは私にとっては必須命題だ。さきに書いたように、乾電池型では電圧不足のため(たぶん)バッテリ残量の少ない状態からの充電はできなかったのだ。
ということで、TMB-11Kを使って007Zのバッテリが枯渇して動作しない状態から正しく充電ができるかという点をテストすることにした。しばらく007Zを使い続けて電池を枯渇させた上でテストしたら……問題なく充電開始。使用しながらの充電も問題なかった。これは有りがたい。
しかし007ZとのmicroUSBケーブルの共用は結構不便な場合もありそうなので、もう1本買っておくほうがいいだろう。値段もそう高くはない。まあ、007Zの場合にはmicroUSBケーブルの他にmicroUSB端子付きのACアダプタも付属しているので、これを使ってもいいかも……と思って念のため確認してみたらACアダプタ側は5V/1.5A。んー問題なさげ。

PLANEX Xperia・X06HT HTC Desire対応 充電&データ転送 MicroUSBケーブル ブラック (パソコン接続専用)BN-XperiaPBAmazonベーシック USB 2.0 (A) オス - Micro B ケーブル (1.8m)ELECOM Micro-USB(A-MicroB)ケーブル 0.15m ブラック MPA-AMB015BKiBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。