Twitterクライアント「Tween」のトラブルとその対応バージョンのリリース

私はいつもPCでのTwitter利用にはTweenを使っている。Tweenは古くからあるTwitterクライアントソフトで、いろいろあるTwitterクライアントの中で比較的シンプルかつコンパクトに使えるため人気もある。そのTweenが1.4.7.0のリリースあたりで不具合が出た。

最初の不具合はTwitterのAPIに接続ができず、根本的な利用ができなくなったこと。これほどの致命的なバグがあるままリリースされた経緯などは分からないが、この対応として1.4.8.0がすぐにリリースされて手動インストールかインストーラーによるセットアップのいずれかで対応ができる。

しかしこの更新を行った後に設定がクリアされてしまったので、再設定を使用としたところ、設定を保存するかメニューウィンドウを出したところでハングアップして異常終了してしまう問題が多発した。エラーログが出たのでTween開発者宛のアドレスにメールで送付して様子を見ていたが、今日Tweenのサイトで1.4.9.0がリリースされ問題に対応したChangeLogが記載されていた。ということで、これから更新をする予定。

しかしながら、こうしたオープンソースアプリケーションの開発者には頭が下がる。開発していれば様々なトラブルや要求が出てくるものだが、こうしたものに対応していく姿勢や、今回のようなトラブルが出た場合に即座に対応するというのも本当に頭が下がるものである。
どのオープンソースソフトウェア、あるいはフリーソフトウェアなどもそうだと思うけれど、開発に対しては単に自分が欲しいアプリケーションを他の人にも使ってもらいたいというだけで公開している場合も多く、その開発や利用に対して作者が責任を負うことは基本的にないはずだ。
しかし何の対価も得ていない作者が、土日を潰してもそうした問題に対応する姿勢という、ともすると普通のソフト開発企業ですら投げ出しているような態様を見せてくれるというのは、まさに利用者としては感謝すべき話である。

私も仕事でのソフトウェア開発をしているので、自分で開発したものには最後まで責任を有しているものと頭では理解している。しかしそれは仕事として対価を得ている面があるからと指摘されても否定できるものではない。
オープンソースソフトウェアの開発も興味はあるが、実際に自分で欲しいと思えるアプリケーションは実はそれほどないので、行動に至っていない。気が向いたりすれば何か作るかもしれないけれど、他にやりたいことがあるので仕事以外でコードを書くことは、隠居するか時間に余裕のある仕事に転向するまでないかもしれない……。

今からはじめるTwitter & Facebook入門英語でTwitter!Twitterツイッター100%活用ガイド  (技評ベストムック)iPhoneではじめる女子による女子のための Facebook&Twitter入門Charatter(きゃらったー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。