[自分用メモ] Redmineでのエラーログファイルの場所

Redmineのバージョンアップ作業をしていたのだが、ときどきInternal Error 500というエラーが出てしまうことがあった。Apacheのエラーログを確認したのだが、なぜか出力されていない。Redmineが意図的に出力している500エラーだからApacheのエラーログには残らないのだろうか。アクセスログには記録があり、こちらには「500」と確かに記載されているので、やはりRedmineが500エラーを出しているのだろう。


RedmineのエラーログはRedmineのディレクトリに含まれている。
productionで出るエラーなら、log/production.logに含まれている。ここでエラーの内容が記載されているのだが、これだけでも判らない場合もある。エラーが出たモジュールファイル名や行数も出ているので、このあたりから推測して何関係でエラーが出ているのか、どこを触ったか、どの設定をし忘れているか、などを推定して対処するしかないだろう。

ちなみにもっともうっかりしやすいエラー(というか私が単にうっかりしていただけなのだが)は、データベース関連のエラーではないだろうか。
特にバージョンアップや移行した場合は、以下のようにデータベースのマイグレーションやキャッシュ・セッションのクリアを忘れがちかもしれない。ここは要注意だろう。

[shell]
# rake db:migrate RAILS_ENV="production"
# rake tmp:cache:clear
# rake tmp:sessions:clear
[/shell]

入門Redmine 第3版〔改訂〕Trac入門 ~ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイド (Software Design plus)チケット駆動開発Gitポケットリファレンス実用 Subversion 第2版グラエフケ ウィンナーソーセージ 5本 250g湘南貿易 デュック・ド・モンターニュ ノンアルコールワイン 750ml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。