Amazon EC2で固定グローバルIPアドレスの割り当てを受ける

Amazon EC2で稼働中のインスタンスには、「Public DNS」という自動生成されたドメイン名が付与される。この名前は動的なグローバルIPアドレスに紐づけられる。つまり、Public DNSのドメイン名を知っていればこのインスタンスにインターネットを経由してアクセスが可能となる。しかしインスタンスの再起動や停止・再開などでIPアドレスやドメイン名が変更されると、新しく割り当てられたドメイン名やIPアドレスを使わない限り以前と同じようなアクセスはできない。これはインターネット上でホストするサーバには不向きであると言える。そこでEC2では固定のグローバルIPアドレスを提供するサービスが存在する。


Amazon AWSではこれを「Elastic IPアドレス」と呼んでいる。Elastic IPアドレスの取得・使用料は無料であるが、単に確保しているような状況の場合にはコストが掛かる。おそらくこれは「IPv4アドレスはいまや貴重なリソースである」という位置づけにおいてAmazonが不使用IPv4アドレスについて課金対象としているのではないかと想像する。また1つのインスタンスで複数のグローバルIPアドレスを使用している場合にも費用が掛かる。詳細は以下のURLを確認されたい。

■Amazon EC2 料金表
http://aws.amazon.com/jp/ec2/pricing/

なおインスタンスへのIPアドレスの割り当て方法はここでは説明していない(取得と同様にそんなに難しくない。機会があったらページを割く。機会がないのでスクリーンキャプチャできない(笑))。

(1) 左ペインメニューの「Elastic IP」をクリック後、上に出る「Allocate New Address」ボタンをクリックする。

am120

(2) 新規割り当てを受けるかどうかのダイアログが出るので「Yes, Allocate」ボタンをクリックする。

am121

(3) IPアドレス一覧に新規割当分が表示(左端のチェックボックスにチェックが入っている)されていることを確認する。

am122

月に100万稼げる「Amazon輸出」入門Amazonオリジナルマグカップ白Amazonオリジナルマグカップ黒アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したかダイエットこんにゃくラーメン(蒟蒻ラーメン)等こんにゃく麺お試しタイプ・12種類セット

“Amazon EC2で固定グローバルIPアドレスの割り当てを受ける” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください