Facebookのこれまでの写真やウォール投稿やフレンドとのメッセージの記録のバックアップがダウンロードできる

[Sponsored Link]


当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

Twitterのこれまでの全つぶやきがダウンロードできるようになったという話題がのぼって久しいが、Facebookもバックアップがダウンロードできることをご存じだろうか(ただし当然PC・Macからのみで、スマートフォンやタブレットなどでは無理)。mixiが(日本だけで)ブームになっていた全盛期には「日記とか写真が全部バックアップできればいいのに」という声があったが、TwitterでもFacebookでもそれが当たり前のようにサービスされていることには驚かされるばかりである(mixiはフリーソフトなどでバックアップを取ることは可能であるが自社サービスとしてはこのブログ記載時点では提供されていない模様)。

さてバックアップするにしても、長くFacebookを利用し、そして写真のアップ数も多いなどという場合には、ダウンロードするまでの準備時間が相当になるので、寝る前に仕掛けて翌日時間のあるときにダウンロードをする、というのが作業としては効率がよさそうである。これはTwitterのタイムラインのダウンロードでも同じことが言えるだろう。
SNSのバックアップを取りたいと思う人は、基本的にそのSNSを長く愛着を持って使っている人がほとんどであろうから、ダウンロード完了までには相応の時間がかかるものと踏んだほうがいい。

バックアップの主な注意点は以下の2点。

・ダウンロードには時間がかかるので、時間に余裕のあるときに作業する。
・データ(アーカイブ)のサイズが大きい可能性があるので、事前に保存場所(ハードディスクやUSBメモリなど)に十分な余裕があることを確認する。

以下、作業手順となる。

(1) Facebookにログイン後、右上の歯車アイコンをクリックして、メニューから「アカウント設定」を選択する。

fb01

(2) 「一般アカウント設定」のページの下にある「Facebookデータをダウンロード」をクリックする。

fb02

(3) 「Facebookデータをダウンロード」画面の上方中央部分の緑色のボタン「アーカイブを設定」をクリックする。ちなみに「アーカイブ」とは「記録・古文書・保管場所」などの意味を持つが、コンピュータ用語では「書庫」などとも呼ばれている。要するに自分のデータが段ボールにでも全部詰め込まれた状態だとでも思えばいいだろう。実際には「ZIP形式圧縮ファイル」としてダウンロードが可能である。

fb03

(4) 「ダウンロードをリクエスト」ダイアログが出るので、ダウンロード希望なら再度「アーカイブを設定」をクリックする。Facebook側でアーカイブを作成するには時間がかかるので、即ダウンロードはできない。どのくらいの時間がかかるかは、これまでの自分の活動から想像するしかないが、基本的には先ほど書いたように「金曜夜寝る前に仕掛けて、土曜の時間のあるときに落ち着いてダウンロードする」ぐらいがいいだろう。

fb04

(5) アーカイブが完了すると登録メールアドレス宛にメールが届くので、メール待ちとなる。ダイアログは「承認」ボタンで閉じる。

fb05

(6) ダウンロード完了はメールでお知らせしますという画面で待ち状態。準備中はダウンロード画面を何度確認しても、この「処理待ち…」のままでどうにもならない。

fb06

(7) メールが届いたら(1)からの手順で再びダウンロードの画面を開き、ログインパスワードを入力し「続行」ボタンをクリックする。

fb07

(8) 今度は緑色のボタンが「アーカイブをダウンロード」となっているので、ようやくダウンロードが開始できる。ボタン下にある「ダウンロードのサイズは約○○MBです」という部分に注目しておく。この数値が大きければ大きいほど(あるいは数値が小さくても”MB”が”GB”になっている場合など)、ダウンロード時間は長いものだと覚悟しておこう。ただし回線状況や契約中のインターネット回線の通信帯域にも依存する話なので、いちがいに何分・何時間かかるとは断言できない。読書かコーヒーでも飲みながら気長に待つぐらいがちょうどいいと思うのが妥当だ。また、アーカイブを保存したいハードディスクやUSBメモリなどに、十分な(つまりこの数値の”倍”以上の)空き容量があるかどうかは事前に確認しておきたい。

fb08

(9) ダウンロードが完了すると、ブラウザから保存確認されるので(以下のウィンドウはFirefoxの例。IEだとウィンドウ下にバーで表示される)、ファイルを保存するを選んでOKボタンをクリックする(もしくは「ファイルの保存」ボタンをクリックするなど)。

fb09

(10) 以下はIEでのダウンロード例。ウィンドウ下にダウンロードバーが出たら「保存」ボタンの脇の▼をクリックし、メニューから「名前を付けて保存(A)」を選択。ダウンロードウィンドウか、分かりやすいところでデスクトップに保存したいなど希望があればデスクトップアイコンをクリックしてから「保存」ボタンをクリックするなどする。保存場所は任意。ただし、アーカイブが保存・展開(解凍)できる空き容量があるかどうかは事前に確認しておくほうがいいだろう。目安としては、ダウンロードするデータの大きさの2~3倍とみておくのがいい。なぜなら、一時的にでもアーカイブファイルと、その展開されたフォルダの両方が共存することになるからだ。展開されたサイズがアーカイブの倍以上となる可能性もあるので、2~3倍程度の余裕を見たほうが妥当だろう。

fb09ie1fb09ie2fb09ie3

(11) 保存場所にアーカイブ(ZIPファイル)があることを確認。ダウンロードフォルダか、デスクトップに保存した人はデスクトップを確認する。ファイル名は(おそらく)「facebook-.」という名前である。

fb10

(12) ZIPファイルは圧縮ファイル(ふとん・衣類圧縮袋で圧縮した衣料品が段ボールにぎゅーぎゅー詰めにされているようなイメージ)なので、これを「解凍」しなければならない。ファイルの上でマウスの右クリックメニューを出し、「すべて展開(T)…」を選択する。

fb11

(13) 展開(解凍)場所の確認ダイアログが出るので、「参照(R)…」ボタンでデスクトップなど分かりやすい場所を選択した後、「展開」ボタンで展開を開始する。

fb12

(14) 容量が大きいと、展開にも時間がかかる。

fb13

(15) 展開が完了すると、フォルダが作成される。これは普通のフォルダと同じなので、ダブルクリックで中身を見ることができる。

fb14

(16) フォルダの最初に「index」もしくは「index.htm」というファイルがあるので、これをダブルクリックで開くか、ブラウザから「ファイルを開く」などで開く。

fb15

(17) 簡単なウェブ画面が開く。左側に写真や動画などのリンクがあるので、クリックすればダウンロードされた写真や動画などが閲覧できる(当然アップロードしていれば、だが)。

fb16

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。


Atsushi Ezura について

ナチュラルな女性のしぐさや表情を撮りたいIT系エンジニア。女性モデル募集中プロフィール
カテゴリー: Facebook, SNS タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。