思わぬところで英単語を覚えるきっかけが生まれることもある……のだろうか?

中央線に乗っての帰宅時、混んでるから車両奥の方に行く。少しスペースがあったから入り込みつり革に捕まってると、背後からドンドン当たってくるやつがいる。やな奴と思いつつ英熟語本を読んでたら、突然そいつが体をワシに倒しこんで体当たりしてきた。見れば欧米人のおっさん。

ワシを睨みながら「スミマセン」。絶対謝ってないなこいつ。
意図的やろ体当たり。
腹立ったけどそのまま本読んでたらさらに体当たり。ムカついたから振り向いて睨み返して「わざと当たってくんじゃねーよ」と言ったら、返事もせず睨むだけ。にらみ合うこと10秒程度、なんも言わんしつまらんから読書に戻った。

そしたら後ろからそいつがワシに向かって「Please you should keep from your own space.」みたいなことを単語区切ってゆっくり言うのね。お怒りの表現手法ですかね?

で、ちょうど英熟語本のページ頭にkeep fromがあって、なるほどこうやって使うのか!と学習した!
ていうかこいつ、ワシの本見てわざとこの熟語使ったのかしら?w 芸が細かいw

できすぎた話やで!って、ホントにさっきあった話なんだけどねんで…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください