Android Studioでコンパイル、そしてエミュレータで動かしてみる

Android Studioをインストールしたあとは、まずどうやってコンパイルするかであろう。エミュレータなどの設定は、Eclipseでの設定と同じであるであるが、一応おさらいとして手順を紹介しておきたい。


こちらも参考になれば。

■Androidアプリの公式IDEはEclipseのみだったが、新公式IDEAndroid Studioのリリースで流れが変わるかもしれない – Ultraひみちゅぶろぐ
http://ultrah.zura.org/?p=4701

■Android Studioのインストールに先立って最新のJDKをインストールしておく – Ultraひみちゅぶろぐ
http://ultrah.zura.org/?p=4710

■Android Studioを早速インストールした – Ultraひみちゅぶろぐ
http://ultrah.zura.org/?p=4738

■Android Studioを最新版にアップデートしよう
http://ultrah.zura.org/?p=4800

(1) 「AVD Manager」を起動する。

run00

(2) 「New」ボタンをクリックしてAVDを新規作成する。

run01

(3) 新規作成ダイアログに必要事項を入力。メモリはWindowsの場合768を超えていると起動失敗する旨の警告が出るので、640ぐらいに設定しておく。設定が終わったら「OK」ボタンをクリックする。

run02run03

(4) 作成が成功すると結果ダイアログが表示されるので「OK」をクリック。

run04

(5) AVDができていることを確認する。

run05

[Sponsored Link]


(6) Android Studioに戻る。Testプロジェクトに何かコードを書くか、書かなければデフォルトで「Hello World」が表示されるアプリが生成される。ここではデフォルトのままでとりあえず進める。「Run」ボタンをクリックする。

run06

(7) エミュレータを選択する。さきほど作ったTestAVDを選んで「OK」をクリック。

run07

(8) こちらもEclipse時代で見慣れているだろう。AVD自体はEclipseで使用していたものと同じである。

run08

(9) アプリが起動すればOKである。

run09

作ればわかる! Androidプログラミング 第2版 -SDK4対応- (Smart Mobile Developer)スマートにプログラミング Android入門編 第3版 SDK4.x対応はじめてのAndroidアプリ開発―Android4対応版 (TECHNICAL MASTER)炎のAndroid開発道場Androidゲームプログラミング A to Z湘南貿易 デュック・ド・モンターニュ ノンアルコールワイン 750ml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。