Happy Hacking Keyboardには右側コントロールキーがないので、VirtualBoxのホストキーを変更したい

Windows7をホストOSとして、VirtualBox上で各種UNIX系OSをゲストOSとしてときどき動かしている。まあ開発や作業環境はどうしてもWindowsを使わざるを得ず、しかしFreeBSDなどでないと不便があったりするときもあるのと、ときどきcurrentのソースツリーを引っ張ってきてmake worldするなどということもしておきたいので使っているのだが、FreeBSDコンソールを使うとマウスカーソルがゲストOS側にフックされてしまい、ホストキーを押さないとホストOS側に制御が戻らない(Guest Additionを導入している場合は別)。それ以外でもホストキーが存在しないキーに割り当てられていると何かと不便なので、変更することにした。

(1) VirutalBoxマネージャウィンドウの「ファイル」メニューから「環境設定」を選択する。

vb00

(2) 設定ダイアログの「入力」をクリック。

vb01

(3) ホストキー欄に現在割り当て中のホストキーとして「Right Ctrl」と書かれている部分があるので、これをマウスでクリック。エリアがブルーになる。

vb02

(4) たとえば右側のWindowsボタンを割り当てる場合には、右側の◇ボタン(Happy Hacking Keyboradの場合)や窓ボタン(Windows向けキーボードなどの場合)をクリックする。エリアの表示が変わるのを確認したらOKボタンをクリックして確定し、ダイアログを閉じる。

vb03

(5) ゲストOSを起動して、実際にホストキーが変更され機能することを確認すれば完了である。

vb04

はじめてのVirtualBox―オープンソースの「仮想化ツール」の使い方を詳細解説! (I・O BOOKS)すべてわかる仮想化大全2013 (日経BPムック)仮想化インフラを構築する技術仮想化の基本と技術 (仕組みが見えるゼロからわかる)ネットワーク仮想化 基礎からすっきりわかる入門書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください