Lightroom5を購入したのだが操作マニュアル的なものがないので本屋に駆け込んでみつくろってみた

月額1,000円でPhotoshopとLightroomが使えるキャンペーンうっかり乗っかって買ってしまったはいいが、Lightroomは実は使うのが初めてなので、直感で操作する以外にやりようがない。で、直感でパラメータ操作するのもいやだったので、マニュアル的なものを探しに本屋に行って探して見た。

といっても案外Lightroom本は少ない。大型書店に赴いても10冊もない。うーん、どういうことだ……。
ちなみにこの手の本は「写真・カメラ」コーナーにある場合は少なく、たいがい「パソコン・ソフトウェア」コーナーでまとめられている。Adobeなのでデザイン的な書棚にひっくるめられて納められている。まあ出版社も技術・IT系のところから出てる場合が多いから、しかたがないかもしれないが。

書棚にはLightroom4など古いバージョンのものもまだ存在していて、これはこれでまだ買う人がいるのかもしれないけれど、最新版に対応した本がほとんどない。
操作に特化したものも多くなく、どうすれば感覚的に写真現像ができるか的な本がちらほら。それはそれで有用だと思うのだけれど、やりたいことは自分が決めるので、何のどをこ操作すると何が変わるのか程度のマニュアルが欲しいな……。本当はパラメータの意味、特にレベル補正などの基礎を知りたいんだけれど、逆にそういう本は見つからない。ぶっちゃけ画像処理系の本を買わないと無理だろう。ああそういう本も探そう……今度……。

たまたまLightroom5対応の最新書籍が技術評論社から出ていたので、これをつかんで購入。
そうそう、大型書店でもよかったんだけれど、ポイントがもらえるのでビックカメラの書店コーナーでゲットしました。

写真がメインで矢印と番号で操作方法が出ているという、いわゆる初級者向きのもの。
ここまで初級者じゃなくてもいいんだけれど、一応他の人(で、本当に初心者の人)にもおすすめできるかもしれない本だったので、手元におく基本マニュアルという位置づけで購入。
これを読みながら、少しLightroom修行をしましょうかね、この年末年始は……。


カメラマンのためのPhotoshop Lightroom 5Photoshop Lightroom 5 スーパーリファレンス for Windows&MacintoshカメラマンのためのPhotoshop Lightroom 5はじめてのPhotoshop Lightroom5デジカメRAW現像 (BASIC MASTER SERIES)Photoshop Lightroom 5 マスターブック for Windows & Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。