Nikonの(一部の機種の)センサーはPENTAXのKシリーズの一部などと同じくSONY製なので低感度ISOで撮影して現像処理で増感すれば問題ないという話を聞いて試してみる

NikonやPENTAXの撮像素子などの製造がSONY依存だからといっても、あまり驚きは感じない。半導体製造はノウハウが必要なので一部のメーカーに外注する方がコスト面から見ても妥当な線だ。またSONYだけでなくルネサスや東芝などにも外注しているという話もあるので、分散することでリスクを回避しているという話もある。Nikonがイチから半導体製造を始めたら、それだけで大事業になりかねない。また、半導体製造がSONY製だからといっても、素子の仕様作成・設計はNikonなりPENTAXが行っているはずだから、その仕様に従ってSONYはウェハを作っている。といってもマイクロレンズや素子そのものの個性などはSONYの製造技術に依る部分もあるので、カメラ(エンジン?)によって特徴が微妙にかわることもあるという。実際のところはどうなのかは分からない。中の人のみぞ知る、というところだろうか(当然社外秘だろう)。

まあそうしたIC製造関連の話題は尽きないようだ。カメラが家電扱いになってきて、SONYやPanasonicにウェイトが傾いているという話もよく聞くし、CANONやNikonを始め旧来のカメラメーカーが半導体技術の面でそれらのメーカーに劣っているから劣性であるという話題も聞くことはあるが、その真偽というのは評しがたい。自分としてはカメラメーカーが電子化・家電化したからといって、それが家電と同じになったという意味はなさないと思っているが、例えば自動車が電子化し自動運転などの技術で従来の自動車メーカーを圧倒しようとしているGoogleが自動車を作ったところで、自動車そのものの大量のノウハウというのは自動車メーカーしか持ち得ないということを考えると、カメラも同様にカメラメーカーがこれまで培ってきたノウハウによってしか成し得ないカスタマーサービスというものが確実に存在すると思うわけだ。電子化が進むと電子化に有利なメーカーが有利になるかというと必ずしもそうとは言えないだろう。

とまあ、それはさておき。

そういう話題が尽きないカメラ業界みたいだが、その中でNikonのセンサーはSONYが作っている(実際にはルネサスや東芝などの他の半導体メーカーにも分散して製造を依頼しているらしい)ということで、センサー特徴が他メーカーの一部機種に似ているという話題がある。
どこまでが半導体製造メーカーの個体差でどこまでが仕様なのかという問題があるが、光の回折限界などの話題にまで波及するとマイクロレンズの問題に終始するだろうから半導体性能になってくるのかもしれない。物理学上、F値と波長で決定してしまうパラメータなので工学が進歩しない限りは避けられない宿命ではあるだろうか。

と専門家ではないので言及はさておき、その「SONY製の半導体を使用したD7100なので、低感度ISOで撮影してもRAW現像で増感することで画は得られる」とウワサを体感すべく、実験してみた。回折限界のためf5.6以上絞るとぼやっとしてしまうため(おそらくエアリーディスクによる影響が出るという意味かしら)、それ以上の絞りはしないほうがよかったのだが、初日の出に興奮しつつそのことはすっかり忘れてf9で絞っていたというお粗末さ……(笑)。

sunrise-origsunrise-proc

Screenshot_3

左がオリジナルの写真。f9、1/1600秒、ISO100という状態で撮影。ここのポイントは、ISO100という低感度で撮影するところで、このISOで撮影してもRAWにはしっかり記録が残されているという点だろう。
右はLightroom5.3によってRAW現像を施したもの。露光量を中心にパラメータのいくつかを調整した結果だ。当然数学処理によるものなので拡大するとノイズが目立つのは否めないが、高解像度の画像であれば印刷時に解像度が縮小・減色されるので見た目上問題がない(分かりにくい)だろうか。

これは別の例。横田基地内を同じくテレ端で撮影したものを増感した例であるが、等倍で見るとノイズがものすごい。Lightroom処理中の画像で、左がオリジナル、右が増感後のものだ。

Screenshot_1

数学処理の結果なので当然といえば当然なのだが(たとえロスレス圧縮RAWであっても、欠落した情報を復元することは基本的に不可能)、極端に暗いものはたとえRAW現像で増感が可能であったとしても素子そのものによって情報が十分に得られていなければ数学的に復元も不可能といえよう。

Screenshot_2

ここまで暗い状態でなくても、ある程度暗めに撮影したものでもRAW現像時の増感でなんとか対応できるという安心感があると、シャッター速度や絞りなどゆとりをもって設定できるのではないだろうか。

といっても、どのカメラ(撮像素子)でも同じとは限らないので、カメラの特性を事前に確認しておく必要はあるだろう。

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 伝わる写真の撮り方編デジタルカメラ 初心者のための基本ワザ教えます (玄光社MOOK)世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 しあわせ子ども写真の撮り方編デジタルカメラによる星空の撮り方: きれいな星空を印象的に撮るSONY ミュージックビデオレコーダー MV1 HDR-MV1PENTAX ミラーレス一眼 Q10 ズームレンズキット [標準ズーム 02 STANDARD ZOOM] シルバー Q10 LENSKIT SILVER 12163PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30 レンズキット [DA18-135mmWR] ブラック K-30LK18-135 BK 15637Nikon デジタル一眼レフカメラ D3200 200mmダブルズームキット 18-55mm/55-200mm付属 ブラック D3200WZ200BK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。