第39回木村伊兵衛写真賞が発表された模様、森栄喜さんという若い写真家の写真集「intimacy」が受賞対象作品

[Sponsored Link]


当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

第39回木村伊兵衛写真賞が発表されたらしい。森栄喜さんという若い写真家、不勉強なため自分は知らかったのだけれど、その彼の写真集「intimacy」が受賞の対象作品のようだ。

■第39回木村伊兵衛写真賞に森栄喜氏
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140205_633916.html

ポートレートと言うと女性ばかりが目立つが、この写真集は男女関係なく、森さんの親しい関係性を有する人達と自分を被写体に撮ったもののようだ。写真集を見てないのでどういう内容かまでは言及できないが、男性写真家だったら女性の友達や彼女などの親しい異性を被写体に選ぶことも多い中で、さらに広範な友人関係にまで発展させているのがポイントなのかもしれない。

といってもやはり若いから出来そうな感じには思える。被写体が若さを持っていることで写真集そのものもエネルギッシュになるだろう。まあ必ずしもそうとは限らないんだろうけれど、どうしても自分の年齢との比較でアドバンテージは感じてしまう。やはり若さというのは価値なのだ。

まあそうは言ういても年を取ることも価値の一つ、というか、その時間的価値を上手に使ってきた人であれば、若さと言う価値を元手にして新たな付加価値を生み出して今の年齢に至っているであろうから、今できることを写真にする努力は常に忘れてはならないなあと思いつつカメラを構えているのであった。

intimacy木村伊兵衛の眼(レンズ)―スナップショットはこう撮れ! (コロナ・ブックス)木村伊兵衛―人間を写しとった写真家 (別冊太陽 日本のこころ)木村伊兵衛昭和を写す〈1〉戦前と戦後 (ちくま文庫)< 僕とライカ 木村伊兵衛傑作選+エッセイ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。


Atsushi Ezura について

ナチュラルな女性のしぐさや表情を撮りたいIT系エンジニア。女性モデル募集中プロフィール
カテゴリー: アート, 写真, 写真論 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。