京橋のギャラリー檜さん(ギャラリー檜B・C)に「森口和子展 ~もえたつような~」を見に行く、来月末に自分が参加させて頂くグループ展のDMゲットも兼ねて

京橋のギャラリー檜さんに、森口さんの個展「森口和子展 ~もえたつような~」を見に行ってきた。前日にギャラリー檜の高木さんから、私が来月末に参加させて頂く写真グループ展のDMが出来たという連絡があり、ならばと二日酔い中の体にムチを打って東京まで出かけた。


昨晩は友人が安曇野から東京に出てきていたので昼間から飲み続けで呑み過ぎていて、朝はグロッキー状態でヘロヘロ。おまけに風も強くて寒くて外出気分ではなかったのだけれど、6月末には自分が参加させていただく写真のグループ展があり、そのDMが出来上がったというお知らせも頂いていたので、今日を逃したらアカンと思い、なんとかダメになった体にムチを打ちつつ行くことにしたのである。

ギャラリー檜は京橋にある。なので、地下鉄銀座線京橋駅の1番出口から出るのが最も近いのだが、私は中央線で東京駅まで出て、そこから歩くことにしている。今日は寒くてどうしようか悩んだが、乗り換えても歩いても時間がかかるし、歩いてるうちに温かくなるだろうし、二日酔いをさます意味でも歩くべきだということで歩いた。

東京駅から行く場合は、八重洲中央口からまっすぐ東に延びる大通りを歩いて中央通りを右折、「京橋2」という信号を渡ってすぐを右折すると東京メトロ京橋駅の1番出口が見える。

F770EXR_2014-05-06_13-45-12F770EXR_2014-05-06_13-53-36

ここからは出口の目の前に見えるファミリーマート手前の路地を右折、まっすぐ見える「美々卯」を目標に突き当たりまで行き、左折。最初の十字路を右に折れてすぐのウインド京橋ビルの2Fがギャラリー檜B・C、十字路をまっすぐ進んですぐのプラザ京橋ビルの3Fにギャラリー檜plusがある。

F770EXR_2014-05-06_13-53-54F770EXR_2014-05-06_13-54-04F770EXR_2014-05-06_13-54-18F770EXR_2014-05-06_13-55-36

森口和子展はB・Cでやっている。

F770EXR_2014-05-06_13-55-42

作家の森口さんは在廊予定だったのだが、搬入直後からの体調不良でずっとお休みされているとのことで、青い出来ずに残念だったけれど、作品は相変らずの力強いエネルギッシュなものばかり。まさに「もえたつような」作品の数々であった。

ただ一つだけ、他の作品とはタッチが異なる作品があった。
ギャラリーの高木さんに、その作品と対面する別の作品との対比を教えて頂いたので、なるほど~と思いながら作品を比べてみたり。
とはいえ森口さんがおられたら、作品意図を直接伺ってみたかった。次の機会にお話を伺おう。

森口和子展はギャラリー檜で5月5日(月)~10日(土)まで。
詳細はギャラリー檜のウェブサイトにてご確認を。

■ギャラリー檜
http://www2.ocn.ne.jp/~g-hinoki/index.html

知識ゼロからの西洋絵画史入門一生に一度は見たい西洋絵画BEST100 (別冊宝島 2035)現代アート事典 モダンからコンテンポラリーまで……世界と日本の現代美術用語集現代アートの本当の学び方 (Next Creator Book)現代アートの巨匠(BT BOOKS)キュレーション  「現代アート」をつくったキュレーターたち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。