先日は「いまらさらRuby」でRuby本を買って意気揚々と勉強に励もうとしたが、急きょ業務が繁忙期に入りC#をやることになる、そしてこちらも「いまらさC#」状態で勉強開始とな……

[Sponsored Link]


当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

先日は言語仕様に誘われて「いまさらRuby」ということでRuby本をゲットしたわけなんだけれど、よーし楽しむぞーと思った矢先にいきなり仕事が飛び込んできて、C#を勉強するハメに……。いわゆる.NETな開発なんてしたことないんだが(いや今回の仕事は.NETじゃなくてUnityなんですが。しかもUnityを使うのではなくコードを追って別の作業をするという……)、まあいい機会なのでこちらも勉強しておいて損はないと思い書籍を買っておくことにした。


先日のRubyの記事でも書いたとおり、PHPという言語はもうこの先の未来はない気はしているのだが、それでも現時点でのウェブ開発で多く利用されており、現実に私の仕事でも携わることが最も多い言語の1つであることに間違いはなく、言語仕様も追加拡充されていて戦闘機や航空機でいうところの「近代化改修」みたいなことはされているので、特にフレームワークを使うことが多くなった昨今では、なお一層PHPの言語仕様の理解というのは必要になっていると考えている。

話は長くなったが、そのPHP本を本当は一等最初に買う気まんまんで、帰りに本屋に寄ったのだが、なかった。

そして同じく必要となったC#の本をゲットしたわけである。
C#の本はかなり多く出版されているが、初心者本や入門書が多い。またUnityやCocos2D-xなどのゲーム開発ツールやフレームワークなどと合わせた解説本もいくつか見受けられた。

しかし必要なのは言語仕様である。言語仕様を理解していないと、言語をしっかり使いこなすことはできない。
PHPであっても私の頭の中の言語仕様は10年以上前のもので止まっているわけで、こういうことは本来よろしくないからしっかり時代とともに記憶を更新・刷新しなければならないのだけれど、おろそかにしていました、ごめんなさい。

で、数あるC#本の中から選んだのは、やっぱりこれ。

定番、安定のオライリー本である。
これなら深い言語仕様までしっかり記載されている。はずだ。そう期待したい。
目次を読んだだけではわからないので、実際に読まなければならないのだが、ページ数もページ数なので、読むというかつまみ食いしながらという感じになってしまうかもしれない。
特に仕事で使うので、深い記述がないと、そうした場面(コード)に出くわしたときに役立たない。一応初心者本をぱらぱらと見たが、やはり浅いことしか書いてなかったので、やめた。お、この本は結構いいんじゃね?メジャーだしシリーズで別の言語も出てるし!という本ですら、書かれていない(これのJava本を持っているが、やっぱりJavaの深い言語仕様までは網羅されていなかった)。

さて、Rubyはさておき、C#始めますか……。

独習C# 第3版プログラミングC# 第7版猫でもわかるC#プログラミング 第2版 (猫でもわかるシリーズ)C# ポケットリファレンスC#ショートコードプログラミング 第2版 (MSDNプログラミングシリーズ)見てわかるUnity4 C#超入門 (GAME DEVELOPER BOOKS)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。


Atsushi Ezura について

ナチュラルな女性のしぐさや表情を撮りたいIT系エンジニア。女性モデル募集中プロフィール
カテゴリー: C, コンピュータ, プログラミング言語 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。