「いまらさらRuby」「いまらさらC#」に続いて「いまさらPHP」はじめます、棚にないと思ってたオライリーのPHP本が見過ごしだったらしくたまたま目に留まったのでゲット!

[Sponsored Link]


当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

言語仕様に誘われて「いまさら」いくつかの言語を再学習、というのが昨今の自分のブームになってしまった。いまさらRubyしかり、C#しかり。PHP
も言語仕様はちゃんと理解しておきたいと思いつつ本を探したら棚になく……注文するために翌日再度本屋に行ったら、あれ棚にありました~。もっと分厚い本かと思ったら、案外薄かったのねん。


先日のRubyやC#の記事でも書いたとおり、PHPという言語の未来はどうあれ、これで半分はメシ食ってる以上、言語仕様ぐらいしっかり理解しておかないと批判も批評もできんし、第一仕事ならない。まあ実際そういう危機感はフレームワークを使い始めて改めて感じている。
あのフレームワークというのは、CakePHPにせよFuelPHPにせよSymfonyにせよ、PHPについてちゃんとした知識を持っていないと活用できないというのは、今更ながら改めて痛感している次第なのだ。
フレームワークを使えば簡単に○×ができるということはなく、むしろフレームワークを使うからこその言語仕様の深い理解なのだという、ある種の逆説めいた結論を持ってしまった。

ちなみに、選んだPHP本は、やっぱりオライリーのやつ。

定番、安定のオライリー本である。

F770EXR_2014-05-22_22-24-58

C#のときにも書いたが、オライリー本であれば深い言語仕様までしっかり記載されているはず。いや必ずしもそうだとは限らないのだが、しかしオライリーで深くない本というのは、あまり見かけない。特に言語解説本については。言語仕様解説本、初級者本、実用実践本。この3パターンで組まれることが多い。JavaやC++なんかもそうだったっけ。

Rubyはさておき、C#……もさておき……いやこれは仕事だし、C#やりつつ、PHPを再勉強しますか……。

プログラミングPHP 第3版PHP逆引きレシピ 第2版 (PROGRAMMER’S RECiPE)よくわかるPHPの教科書 【PHP5.5対応版】PHP+MySQLマスターブックWordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。基礎からのPHP (基礎からシリーズ)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this

当ブログでは「役に立った!」「写真使いました!」などご参考頂いた方からのAmazonギフト券の寄付をお待ち致しております。


Atsushi Ezura について

ナチュラルな女性のしぐさや表情を撮りたいIT系エンジニア。女性モデル募集中プロフィール
カテゴリー: PHP, PHP, ウェブ, コンピュータ, プログラミング言語 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。