府中免許試験場で免許更新をしてきました

府中の運転免許試験場まで免許更新に行った。
なぜなら、違反があったから。ぷんぷん。
勝手に張り込んで一時停止をきちんとしなかったからって逮捕ですよ。本当に交通安全を考えているなら、こっそり見張って検挙するんじゃなくて、しっかり危険ポイントで指導したり、危険ポイントを改善したりする活動をするのが正しいはずなのに。まったく税金の無駄遣いしやがって。
府中は不忠で、職員はさすが役人、男女問わず横柄。税金の無駄遣い。 “府中免許試験場で免許更新をしてきました” の続きを読む

Windows Media Format の脆弱性

Windows Media PlayerがAdvanced Systems Format(ASF)ファイル処理をするためのWindows Media Formatランタイムに脆弱性があるらしい。リモートでコードが実行されるくさいです。
公開日が「2006年12月13日」になっているので、一瞬新しい脆弱性なのかと思いましたが、実は1年前なんですな。

■Windows Media Format の脆弱性により、リモートでコードが実行される (923689) (MS06-078)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-078.mspx

2007 年 12 月のセキュリティ情報

私のマシンも、いま一生懸命アップデート中です…。

■2007 年 12 月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS07-dec.mspx

これにあわせて、US-CERT、JPCERT/CCもでています。

■Microsoft Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/techalerts/TA07-345A.html
■2007年12月 Microsoft セキュリティ情報 (緊急 3件含) に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2007/at070024.txt

今年最後のリリースなのでしょうが、「日本のセキュリティチームの Blog」では、緊急がないとは限らないということも…。ま、場合によってってことでしょう。セキュリティホールなんていつみつかるとも分かりませんから。

最後に、今年最後のリリースとなっていますが、もしも緊急事態となったばあいは、緊急リリースを行う可能性はあります。(もちろん、その予定はありませんが・・・)
そして、年明けのリリースは、2008年1月4日 に事前告知、1月9日に公開の予定です。

■2007年最後(12月)のセキュリティリリース
http://www.exconn.net/Blogs/team02/archive/2007/12/12/18847.aspx

ブルートレイン3線廃止

某鉄道マニアの友人から聞いてはいたのだが、やはり悲しいのぉ。
しかも理由がスピードってだけではなく、

JR companies also cited aging carriages and a shortage of overnight personnel as reasons behind the cutbacks.

ってあたりが、また泣かせるのぉ…。

■JR putting Blue Trains to bed as passengers find faster ways to travel
http://www.asahi.com/english/Herald-asahi/TKY200712110111.html

Windowsが重くなる、マイクロソフト流な理由があるらしい

Microsoftは、あくまでも「弊社OSのレジストリの肥大化が原因」とは言わないらしい。
そりゃそーか(笑)。

■【コラム】 パソコンが「重く」なるのはなぜ?不調の理由は? 解決法はある?
http://news.ameba.jp/r25/2007/12/9073.html

Q.1 Windowsの起動が遅くなる理由は?
A.1 外付け機器の増加、壁紙データが巨大、スタートアップソフトが多すぎ

Q.2 電源切らずに使い続けてると「重く」なるけど?
A.2 CPU占有する特定ソフトのせいかも。メモリの空き容量不足も原因か?

Q.3 長年使ったパソコンが「重く」なる理由は?
A.3 常駐ソフト増でメモリ不足かも。Cドライブの空き容量激少、画像や動画など大きなデータが多すぎ。

私なりの回答を…(経験則なので当たってるかどうか微妙ですが)。

A.1 Windowsはレジストリをメモリに読み込んで使いますから、不要なレジストリが多いと読み込み時間もかかりメモリも浪費します。不要なDLLのメモリ占有やサービスの常駐なども大きな原因です。
A.2 そもそもOS自体がメモリを浪費する上に不具合があるので適切なメモリ管理ができていません。DLLなどのメモリリークもあるでしょう。レジストリやDLL、不要サービスが居座りつづけるのも問題。
A.3 明らかにレジストリの肥大化と、サービスパック(SP)を当てることによる副次的影響です。SPによってアップデートされたシステムは、より新しいハードウェアであれば問題ありませんが、長年使い続けている、すなわち古いコンピュータでは動作速度も遅くメモリも少ないので影響大です。当時問題なかった仮想メモリのサイズが不足してくる場合もあり、そうするとスラッシングなどでとたんに機能しないシステムに早変わりまします。