JavaScriptの仕事を数ヶ月缶詰状態でやっていて、JavaScriptについての知見がたまってきた

6月から渋谷某所にてJavaScriptの仕事をずっとしている。もともとJavaScriptは言語仕様的にも緩くて「なんでもあり」の言語だと思っていた(いやいまだにそうだと思うし実際そうだし)。しかしルール決めさえ徹底すればオブジェクト指向的な開発も可能であるということが最近ようやくわかった。まあNode.jsとかさわってる人からすると当たり前なのかもしれないけれど、とにかくJavaScriptは苦手意識しかなかったのだが、最近ようやくそれもなくなってきたかな…という感じは、しないでもない。 “JavaScriptの仕事を数ヶ月缶詰状態でやっていて、JavaScriptについての知見がたまってきた” の続きを読む