Mac OS X 11.10以降でLightroom CC 2015とNikon D7100でのテザー撮影ができない問題は、どうやら2015.4のリリースで修正されたようである

以前書いた、D7100El Capitanでテザー撮影ができなくなった問題、どうやら解決している模様。2016年1月27日付のAdobeのブログでその報告がサラッとなされていた。 “Mac OS X 11.10以降でLightroom CC 2015とNikon D7100でのテザー撮影ができない問題は、どうやら2015.4のリリースで修正されたようである” の続きを読む

Lightroom CC 2015とNikon D7100でテザー撮影をしようとしたら出来なくなってしまった、どうやらEl Capitanへのアップデートで問題が出て改善されていない模様

MacBook Proを購入してから、すべての生活はMacへと移行している。当然ながらLightroomを使った現像処理もMacBookでおこなう。で、ふとD7100でテザー撮影をしようと思って取り出してテスト撮影をしようとしたら、出来なくなってしまっていたのだ。 “Lightroom CC 2015とNikon D7100でテザー撮影をしようとしたら出来なくなってしまった、どうやらEl Capitanへのアップデートで問題が出て改善されていない模様” の続きを読む

Adobe Lightroom5でRAW現像処理をしているカタログとRAWデータのフォルダを従来の内蔵HDDからポータブルHDDに変更したが、カタログが旧フォルダを示してるので新フォルダに変更したい

友達のノートPCの復旧時にういた2.5インチHDDをポータブル化して自分で使うことにした。どうやって使おうかと思った時に、結構ノートPCでRAW現像処理をしているので、別場所で現像処理を継続したい場合もある。普段は固定のHDDドライブ、というか「裸族のお立ち台」で3.5インチの内蔵SATAディスクに保存しているので、いちいちこれごと別場所に持っていくのも面倒くさい上に故障の原因にもなりかねない。ということで、直近で作業中のRAWデータとLightroomカタログをポータブルHDDにコピーしたのだが……。 “Adobe Lightroom5でRAW現像処理をしているカタログとRAWデータのフォルダを従来の内蔵HDDからポータブルHDDに変更したが、カタログが旧フォルダを示してるので新フォルダに変更したい” の続きを読む

Lightroom5のプロファイル補正を使って、RAWデータ中の機器情報から得られたNikkorレンズの情報をもとに歪曲収差の補正を行う様をまざまざと見せつけられた

Lightroom5を使ってRAW現像をしているが、その中でも欠かせないのが「プロファイル補正」というものだ。これはRAWデータ中に記録されたレンズ情報をLightroomが読み取り、これをベースにして歪曲収差を補正するという機能があるので、常時使っている。CANONやNikonといったメジャーなメーカーのレンズ情報しかLightroomでは保持していないようなのだが(少なくともコンデジの情報はない。というかコンデジでRAW現像する人のほうがめずらしいかもしれないが)、これらの情報に含まれるレンズ情報をベースにして自動的にレンズの歪曲収差を補正してくれるのが非常にありがたいのである。 “Lightroom5のプロファイル補正を使って、RAWデータ中の機器情報から得られたNikkorレンズの情報をもとに歪曲収差の補正を行う様をまざまざと見せつけられた” の続きを読む

Nikonの(一部の機種の)センサーはPENTAXのKシリーズの一部などと同じくSONY製なので低感度ISOで撮影して現像処理で増感すれば問題ないという話を聞いて試してみる

NikonやPENTAXの撮像素子などの製造がSONY依存だからといっても、あまり驚きは感じない。半導体製造はノウハウが必要なので一部のメーカーに外注する方がコスト面から見ても妥当な線だ。またSONYだけでなくルネサスや東芝などにも外注しているという話もあるので、分散することでリスクを回避しているという話もある。Nikonがイチから半導体製造を始めたら、それだけで大事業になりかねない。また、半導体製造がSONY製だからといっても、素子の仕様作成・設計はNikonなりPENTAXが行っているはずだから、その仕様に従ってSONYはウェハを作っている。といってもマイクロレンズや素子そのものの個性などはSONYの製造技術に依る部分もあるので、カメラ(エンジン?)によって特徴が微妙にかわることもあるという。実際のところはどうなのかは分からない。中の人のみぞ知る、というところだろうか(当然社外秘だろう)。 “Nikonの(一部の機種の)センサーはPENTAXのKシリーズの一部などと同じくSONY製なので低感度ISOで撮影して現像処理で増感すれば問題ないという話を聞いて試してみる” の続きを読む

Lightroom5を購入したのだが操作マニュアル的なものがないので本屋に駆け込んでみつくろってみた

月額1,000円でPhotoshopとLightroomが使えるキャンペーンうっかり乗っかって買ってしまったはいいが、Lightroomは実は使うのが初めてなので、直感で操作する以外にやりようがない。で、直感でパラメータ操作するのもいやだったので、マニュアル的なものを探しに本屋に行って探して見た。 “Lightroom5を購入したのだが操作マニュアル的なものがないので本屋に駆け込んでみつくろってみた” の続きを読む

Adobeが写真業界向けにPhotoshop CC+Lightroomを特別価格を実施していたので思わず誘惑に負けて購入してしまった

Adobeが2013年11月21日から期間限定で打ち上げた「Photoshop 写真業界向けプログラム」。最新版のPhotoshopとLightroomが使えるライセンスで、通常価格は月額5,000円。これが5分の1の1,000円/月でライセンス契約ができる、しかも期間終了がなくずっと、というお得さ。いつまでも1,000円/月で最新版が使い続けられるというのは魅力といえば魅力である。 “Adobeが写真業界向けにPhotoshop CC+Lightroomを特別価格を実施していたので思わず誘惑に負けて購入してしまった” の続きを読む